自律神経機能計測システム

測定システム利用例

  • 製品情報
    • ハートリズムスキャナーPE
    • HRV LIVE!
    • インナーバランススキャナー
    • ハートトラッカー3 プロフェッショナル
製品の信頼性 各機種比較対応表 関係文献・論文 活用事例

自律神経測定システム使用例

自律神経計測システム使用例を研究の目的別の使用例としてハートリズムスキャナーPE、HRV-LIVEでの最適性について

ハートリズムスキャナーPE(HRSPE)とHRVライブ(HRV)の違い

世界標準の短時間(5分間)心拍変動解析を使って、様々なプロトコルを簡単に作成しテストをすることが出来る自律神経測定システムです。測定した5分間の平均値結果を表示致します。


≪HRVライブ(HRV-LIVE)≫

テスト中の心拍情報およびその心拍変動解析結果が、リアルタイムで数値及びグラフで観察することのできるシステムです。 テスト開始後5分間が経過すると5分間の心拍数(脈波数)のデータに基づいた解析結果がライブで表示されます。連続でテストは8時間程度まで行えます。


マーカーの活用方法

計測後5分経過すると計測画面の上記の様にマーカー(ライン)を入れる事ができます。
その時の計測内容の施術内容によって何本でも必要の際に目印としてラインを入れることが出来ます。

「Marker」をクリックするとマーカー画面(Marker Note)にクリックした時間が表示されるので書き込みノート欄(Enter Marker note here)に理由等情報を入力できます。



●上記の緑の丸印

Show…心拍変動解析報告書の表示(マーカー又はデータピッカーの作成が必要です。) そのマーカーの5分前の平均値が結果として表示されます。

 

●上記の青の丸印

Report…心拍変動解析評価報告書の表示(マーカー又はデータピッカーの作成が必要です。)

マーカーを含む全ての記録が表示されます。

 

使用例1)音楽を聴くことで自律神経の変化を確認したい

≪ハートリズムスキャナーPEの場合≫

同一プロトコルを使用し以下のように1.~3.の複数のテストを行った場合はそれぞれの結果を同じグラフ上で確認することが可能です。

1.音楽を聴く前の自律神経を計測

2.音楽を聴いている最中の自律神経を計測

3.音楽を聴き終えた後の状態を計測

 

◦プロトコルを作成する

 

◦テスト内容順に計測する

 

◦結果画面例

 

 

≪HRV-LIVEの場合≫

上記における1.~3.のテスト(安静座位で通常のテストと治療後の比較)中に出来ること

  • HRVライブはどの時点でもマーカーをつける事
  • マーカーについては、知りたい時点のデータをいくつでもどの時点でも結果表示する事
  • 自律神経の状態の変化が時間経過によってどのように変化していくのかを確認出来る。
    (自律神経の流れをリアルタイムで確認出来ます)

 

◦計測開始

 

◦施術の内容順でマーカーを付け詳細をノートに書き込む

 

◦結果画面例

①Edit raw data ②View HRV Graphs ③HRV Observation View A ④HRV Special View

 

①Edit raw data

 

②View HRV Graphs

 

③HRV Observation View A

 

④HRV Special View

 

結論

「使用例1)音楽を聴くことで自律神経の変化を確認したい」という場合は、ご使用頂く機種はハートリズムスキャナーPEでもHRV-LIVEでも研究の目的や使い勝手によって機種を選択する事が可能です。

 

 

使用例2 )運転中の自律神経の変化

≪ハートリズムスキャナーPEの場合≫

測定状況(以下の事項が前提となります)

  • 無線/有線に関わらず計測者の近くにPCがあることが絶対条件となります。
  • 何らかの方法でPCを固定するなどPCが車内に置ける事が前提です。
  • PCを近くにおいて頂く場合はPCがゆれ等によって壊れない為の対策が必要です。
  • Wi-Fiの環境がある事をご確認頂きます。

同一プロトコルを使用し以下のように1.~3.の複数のテストを行った場合はそれぞれの結果を同じグラフ上で確認することが可能です。

1.運転前

2.運転中

3.運転後

 

1.→2→3と測定することによって自律神経の状態の変化を把握する事は可能であるが、5分間の心拍変動解析の平均値が結果として表示される為、運転中の自律神経の変化を確認する事は難しい。

 

 

≪HRV-LIVEの場合≫

運転中の自律神経機能の変化、つまり心拍変動指標を連続的に測定できる。

何らかの指示が与えられた場合、その瞬間の変化を確認出来る。

マーカーをつけておくことで後々に計測結果画面にて確認しやすい。

 

結論

自律神経変化の流れを把握するにはHRV-LIVEが適しています。

 

使用例3 )注射の接種時に対する自律神経の変化

ペインクリニック科が行う神経ブロック注射接種時の自律神経の流れ及び変化等を見たい。

神経ブロック注射治療とは、痛みの元の神経に直接局所麻酔薬を注入することで、神経が休まりそれにより血流が増え、痛みの出ている神経の正常化を促進します。

神経ブロックとは局所麻酔薬を使って、痛みを出している神経に直接又は、その神経の近くにお薬を注射して痛みの伝達を遮断する治療法です。単なる麻酔ではなく、痛みを治す効果があります。

ブロック注射は、決して神経を切断するような方法ではなく、「痛みの情報」だけを一時的に中断します。興奮を抑え、痛みで傷ついた部位を効果的に治療する方法です。

 

≪ハートリズムスキャナーPEの場合≫

1.神経ブロック注射接種前-何らかの疾患により、痛みを伴っている状態

2.神経ブロック注射接種時

3.神経ブロック注射接種後-薬液が効いて痛みが一時的に治まっている状態

 

1→2→3と測定することによって自律神経の状態の変化を3段階で把握する事は可能です。

2については、注射針や薬液が体内に浸透している状態を含めた5分間の心拍変動解析の平均値が結果として表示される。

 

◦プロトコルを作成する

 

◦テスト内容順に計測する

〈注射前〉

 

〈注射時〉

 

〈注射後〉

 

 

≪HRV-LIVEの場合≫

上記における1→2→3の流れを連続して測定する事が出来る為、薬液の効き目をリアルタイムで把握することが出来ます。

且つ特定した箇所にマーカーを付けることで知りたい時点のデータをいくつでもどの時点でも結果表示する事が可能です。

 

結論

使用例3の場合、ご使用頂く機種はハートリズムスキャナーPEでもHRV-LIVEでもどちらでもご使用頂く事が出来ます。

研究の目的や使い勝手によって機種を選択する事が可能です。

 

【測定環境、測定条件における注意事項】

測定は安静座位の状態で通常行って頂き、気温や温度、湿度、明るさ等、測定環境等が極力同一であることが望ましいです。

測定条件の例を挙げますと、向精神薬を服用しない状態で排尿後(排尿が溜まっていない状態)か否か、食事を摂ってからの経過時間など様々な状態において同一条件が適切とされています。

 




自律神経測定機器一覧


ハートリズムスキャナーPE

ハートリズムスキャナーPE

ハートリズムスキャナー

ハートリズムスキャナー

HRV LIVE!

HRV LIVE!

インナーバランススキャナー

インナーバランススキャナー

ハートトラッカー3 プロフェッショナル

ハートトラッカー3 
プロフェッショナル

自律神経機能が測定できる、さかえクリニック

ドクターズコスメ リバーサルプラス

トップアスリート株式会社

サロン528

LHG Japan

自律神経ビジネスサイト