BLOG

【末武信宏院長著】スポーツのパフォーマンスを最強にする「超肺活」

順天堂大学小林弘幸教授と、弊社関連会社であるさかえクリニック院長及びトップアスリート株式会社代表取締役の医学博士末武信宏院長の著書が出版されます。
スポーツのパフォーマンスを最強にする「超肺活」
ただ今予約受付中です。

 
——————-

内容紹介

<すべてのアスリートに対応>

呼吸筋をゆるめると集中力が高まり、身体能力も上がる!

手軽で劇的に効果ある、肺活トレーニング10種目も収録

自立神経研究の第一人者が考案
医学的根拠に基づく肺強化トレーニング
従来のトレーニング法と比較にならないほど
スポーツパフォーマンスがアップ!

本邦初公開!

医療機関における最新研究に基づく

スポーツをする人向けの肺活トレーニング

肺活とは、文字どおり、肺の活動を促すことを意味します。
詳細は本文でふれますが、肺活を実践することで、脳活も腸活も同時に行うことができます。

しかも、その効果は健康面だけにとどまりません。
順天堂大学医学部をはじめとした複数の医療機関における最新の研究により、
肺活によってスポーツパフォーマンスの向上することが判明したのです。
競技のジャンルは問いません。

スポーツパフォーマンスと肺との関連といわれて、多くのかたがたの頭に真っ先に浮かぶのが「肺活量」ということばではないでしょうか。
いうまでもなく、肺活を実践することによって、肺活量は飛躍的に向上します。
ただし、肺活の真のすごさは、そこだけにとどまりません。

肺活によって、私たちが長年研究している、体内の〝ある器官”の機能が高まり、
その結果として、スポーツパフォーマンスが、従来のトレーニング法と比較にならないほどアップするのです。
本書は、その〝ある器官”とスポーツパフォーマンスの関連性について言及した、本邦初の書籍です。
今回紹介する肺活トレーニングによって、日本に特有の「根性トレーニング」と決別することができます。
そして、誰もがトレーニングをすることが楽しくてしようがなくなるでしょう。

——————-

著者について

小林弘幸(こばやしひろゆき)

1960年、埼玉県生まれ。87年、順天堂大学医学部卒業。92年、同大学大学院医学研究科修了。
ロンドン大学付属英国王立小児病院外科、トリニティ大学付属医学研究センター、アイルランド国立小児病院外科での勤務をへて、順天堂大学小児外科講師・助教授を歴任。
自律神経研究の第一人者として、プロスポーツ選手、アーティスト、文化人へのコンディショニング、パフォーマンス向上のための指導にかかわる。
また、順天堂大学に日本初の便秘外来を開設した腸のスペシャリストでもあり、みそをはじめとした腸内環境を整える食材の紹介や、自律神経と腸を整えるストレッチの考案など、さまざまな形で健康な心と体のつくり方を提案している。主な著書に『最高の体調を引き出す超肺活』(アスコム)、『全身の細胞が目覚めるセル・エクササイズ』(ポプラ社)、『医師が考案 小林式自律神経ストレッチ』(学研プラス)など多数。順天堂大学医学部教授、日本体育協会公認スポーツドクター。

末武信宏(すえたけ のぶひろ)

医学博士 さかえクリニック院長順天堂大学医学部病院管理学教室非常勤講師。第88回日本美容外科学会会長。トップアスリート株式会社代表取締役。
社団法人先端医科学スポーツアカデミー(AMSA)副代表理事プロボクシングトレーナ(JBC認定)、オリンピック日本代表、レーシングライダー、元F1レーシングドライバー、プロゴルファー、Jリーガー、プロ野球選手、芸能人、宝塚トップスターらの専属トレーナーとしてコンディショニング、パフォーマンス向上のための自律神経トレーニング指導を行ってきた。
順天堂大学医学部でスポーツ医学の研究に従事し自律神経機能を向上させるセルエクササイズ開発に努め、自律神経機能の研究で学位を取得。
順天堂大学医学部 小林弘幸教授と長年にわたり医学的根拠に基づいた音楽の有効性、健康法やエクササイズの開発に努める。
医学的根拠に基づく音楽、エクササイズ、健康法の普及のため、市民講座、医師会での講演、企業での講演、セミナー、ワークショップを全国で行う。
サイエンスアーティストとしても独創的な作品を世界へリリースしている。
1962年1月10日生まれ。

関連記事一覧

関連記事はありません。